【保存版】プロの裁縫道具紹介 国家検定一級和裁士おすすめの和裁道具 

初めての和裁、応援します ~仕立て方解説~

装々さんおすすめのアイテムを紹介します 

 着物仕立て装々です。

 さわやかな季節がやってきました。そろそろサツマイモを植え付けしようと思います。皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 Youtubeライブをするたびに「和裁道具を紹介してください」とリクエストを頂くのですが

ずっと放置していました。ゴメンナサイ。

 先日のライブでもリクエストいただきましたので

今回は着物を仕立てるのに便利な和裁道具を紹介します。

 

  1. 和裁道具紹介します
    1. 作業台
      1. 仕立て台 中級者様向け
      2. ヘラ台 初心者様向け
    2. ネル 中級者様向け
    3. くけ台
      1. プロ用くけ台 中級者様向け
      2. 簡易くけ台  すべての方におすすめ
    4. かけ針 すべての方にお勧め
    5. 縫い針&マチ針
      1. 縫い針 4の3 中級者様向け
        1. 検針機 中級者様向け
      2. マチ針は和裁用、洋裁用があります  すべての方におすすめ
      3. 裁縫用クリップ  すべての方におすすめ
    6. 縫い糸
      1. 絹糸  すべての方におすすめ
      2. 中綴じ糸 中級者様向け
      3. しつけ糸 中級者様向け
      4. 化繊糸  すべての方におすすめ
      5. 半衿付けにおすすめ糸  すべての方におすすめ
    7. 袖の丸み型 すべての方におすすめ
    8. 文鎮 初心者様向け
    9. 印付け 
      1. コテ 中級者様向け
      2. 印付けのヘラ 初心者様向け
      3. チャコ  中級者様向け
      4. フリクションペン  すべての方におすすめ
    10. ものさし
      1. 尺さし 中級者様向け
      2. 洋裁には定規  すべての方におすすめ
    11. ハサミ
      1. 裁ちばさみ  すべての方におすすめ 
      2. 糸きりハサミ  すべての方におすすめ
    12. ミシン
      1. 職業用ミシン  中級者様向け
      2. 家庭用ミシン  初心者様向け
    13. アイロン周り 
      1. アイロン  すべての方におすすめ
      2. アイロン台  すべての方におすすめ
      3. 当て布 着物裏地or新モス
      4.  すべての方におすすめ
    14. エチケットブラシ すべての方におすすめ
    15. 指ぬき すべての方におすすめ
    16. オーダーお問い合わせフォーム開設のお知らせ
  2. 着物仕立て装々 BASE店のお知らせ
      1. 着物仕立て装々Youtubeチャンネルはこちらから↓
    1. Share this:
    2. いいね:
    3. 関連

和裁道具紹介します

 装々さんこだわりの愛用の道具や、皆さまが趣味でさらに和裁を楽しむための道具、

和裁を始めようとされる方、もっときれいに着物を縫いたい方に使いやすい道具を一挙公開します。

 

 お裁縫のレベル的な感じで分けて記載してみました。 

すべての方におすすめ は お裁縫するならあると便利なグッズ

初心者様向け は ちょっと着物を縫ってみようかしら?習ってみようかしら?という方向け

中級者様向け は 和裁を習っている方で、もっとキレイに効率よく仕立てたいわ!という方向けです。

 今回は裁縫道具を探している方の為にリンクをいっぱい張っていてお見苦しくて申し訳ありません。

商品リンク先から名前や金額を色々検索してみてください。アマゾンのリンクはアソシエイトプログラムに参加しています。

道具が違うだけで作品の出来上がりの完成度や作業効率は全然違います。

楽しい裁縫ライフの使いやすい道具探しの参考になったらうれしいです。

 

作業台

 

仕立て台 中級者様向け

折りたたみの2台1セットの台はこちら↓


 

 
 
装々さんが動画で縫っているときの台は
もっと大きな1枚板の仕立て台です。
後は印付け用の大きな裁ち台は↓こんな大きな裁ち台です。
 

ヘラ台 初心者様向け

 
 

舞台の仕事をするときは楽屋に持っていくので一応持っています。

大きな仕立て台がなくてもヘラ台はあった方がいいです。

屏風のよう折りたたまれてコンパクトですが、広げると反物幅×見ごろを広げられる大きさになります。

分厚い厚紙に布が貼ってあるようなものです。

台に針を突き刺せるので角をしっかりきれいに作るのに欠かせません。

 

ネル 中級者様向け

ヘラ台の上やアイロン台の上に敷くのにはネル生地がおすすめです。

コテやアイロンがけする時にフワフワするのでアタリになりにくくなりますので仕上がりがきれいです。

ちなみに印を付けるときには敷かない方が印がきちんと付きますよ。

日本紐釦貿易 NBK ネル生地 白 100純綿双糸 綿100% 両面起毛 巾約72cm×切売カット ホワイト EBI300-72CUT-1M
【ネル生地とは】 フランネルの略称で、織目が細かく起毛してあるので肌触りが優しく、暖かいのが特徴です。 【用途】 パジャマ・ベビー用品 布ナプキン・靴磨きなどの研磨布として 掃除用具・鏡面磨き…などv 【素材】 綿100%v 【生産国】 日本
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

EBM EBM ネル地 こし布 100cm×1m
価格:957円(税込、送料別) (2022/7/31時点)

楽天で購入

 

 
 
 

くけ台

プロ用くけ台 中級者様向け

装々さんが使っているのはこちらの大きいくけ台です。

↓青い布が付いているのが上の針山の部分です。

プロ用のかけ針は上に針山が付いていて縦棒の真ん中にかけ針を結んでおきます。

かけ針は後で紹介しますね。

 
 
 
なぜか装々さんは3台も持っています。一台は折りたたみできます。
ちなみに針山の中身は炒った米ぬかです。針がさびないのでいいんですよ。
 
 お雛様の七段飾りの針箱は このくけ台の原型ですね。
下にお裁縫道具が入る引き出しが付いています。
この引き出しがなくなって、座布団の下に敷いて縫うようになったのが
装々さんが使っているくけ台です。
 

簡易くけ台  すべての方におすすめ

テーブルにつけるタイプのはこちらです↓

ちょっとした小物なんかを縫うときも かけ針と、くけ台があるとずっと仕上がりがきれいになりますよ。
 
 

かけ針 すべての方にお勧め

布端を挟んで軽く引っ張ってマチ針を打ったり、縫ったりするのに使います。
使いはじめは慣れないので使いにくいというか、挟むのを忘れると思うのですが
慣れるとこれがないと縫えないくらいに便利なアイテムです。
 
個人的にはクローバー製が丈夫なので好きです。
装々さんは年に一個は壊れます(*_*)!蝶番が折れてしまうのよね。
 
 

縫い針&マチ針

縫い針 4の3 中級者様向け

和裁士の御用達針は、四の三。ちなみに100均の針は先がちゃんと尖っていないのでお勧めしません。

針はお値段で縫いやすさが違うので、運針をするときはいいものを使ってくださいね。

 
四の三は細くて長くて使いにくいかもしれないので、四の二でもいいかもしれません。ちょっと短いです。
装々さんは四の三しか使いませんけどね。
 
少し太い三の三、三の二あたりで使いやすいものをチョイスしてみてください。
色々入っている針セットで試してみるのはいかがでしょう?

 
 ちなみに装々さんはマチ針も縫い針も同じものを使っています。
縫った後、マチ針を抜き忘れたときにもすぐに外せるからです。
和裁士にとって針残しは致命傷。最後に検針機をかけてお客様にお届けしています。
検針機 中級者様向け
 
装々さんは大きい業務用の検針機を使っていますが、簡易の検針機もあります。
衿回りなど針が残りやすいので気を付けてください。
 

マチ針は和裁用、洋裁用があります  すべての方におすすめ

和裁用は 平たいもの、
洋裁用は丸玉のものです。
 
まあ、ぶっちゃけどっちでもいいです。
舞台衣装製作用にとりあえず持ってはいるのですが 和裁には使いません。
 
装々さん愛用のマチ針はこちらです↓

裁縫用クリップ  すべての方におすすめ

バッグ作りに使っているのはクリップです↓

縫い糸

縫い糸も色々使い分けています。

絹糸  すべての方におすすめ

 絹の着物は絹糸で縫います。手芸屋さんやネットではタイヤーや金亀が手に入りやすいと思います。

装々さん愛用はシールス社の糸です。仕立ての契約会社の商品部で、反物を預かる時に一緒に買えるので。という理由です。他社さんとの使用感の差はないと思います。
 
 

中綴じ糸 中級者様向け

傷んだ中綴じ糸は 着物の生地も傷めてしまうので、気を付けてください。
糸が細いので玉止めも大きくなりにくく、着物にアタリが出ません。
 

しつけ糸 中級者様向け

着物のしつけや縫いびつけは「ぞべ」という とても細い糸でします。

自分の着物のしつけは、外してしまうならまあ安い100均の糸でいいと思います(笑)

化繊糸  すべての方におすすめ

浴衣や化繊着物は化繊の糸で縫います。こちらも手芸屋さんやネットで手に入りやすいと思います。

糸が絡まりにくいのはキルターかデュアルデューティーです。こちらも手芸屋さんに売っていますね。

白の糸は一個持っておくと色々便利です。

これは本当に絡まりにくいので、お裁縫する方はぜひ使ってみてください。

目からうろこですよ  

袖の丸み型 すべての方におすすめ

 
 和裁で使う丸みは全部このセットでOKです。
 
綺麗な袖の丸みの縫い方は、また動画で解説したいと思います。
 
バッグや小物などを作る時のカーブを描くのにも型があると便利で綺麗に作れます。
 
 

文鎮 初心者様向け

↓以前の動画内の写真です。

手持ち文鎮とようかん文鎮が写っています。

リンク

特に絹物はコテ掛けをするときに縮んでしまうので 小さいのでもいいので2個あると便利です。
持ち手のないようかん文鎮2個でもOKです。
 
 
洋裁用や書道用の小さいペーパーウェイトでもいいからあった方がいいですね。

印付け 

コテ 中級者様向け

装々さんが使っているのはこういうコテです↓が、まあこんな大きいのはいらないと思います(笑)

ということで、こんな感じのはいかがでしょう?
 
 実際に買ったコテはこちらです↓
 
 
 
 
 
 
 
 
↓コテがない時の印付けはこちらでどうでしょう?

印付けのヘラ 初心者様向け

コテがない時はヘラで印を付けます。小学生の時に買った裁縫道具のセットに入っていましたね。

三味線のバチみたいなやつです。何に使うか分からなかったこのヘラ、実は印を下の布に写すものだったんですね!

ルレットでもいいかも。
チャコペーパーもお忘れなく!

チャコ  中級者様向け

装々さん愛用のチャコは平和チャコ。混合色タイプを買います。
生地に傷がつかないところも大好きです。
ただ、本当に折れやすいです(笑)
印の見えにくいもの№1の白い大島着物や、絽や紗の夏の着物、羽織の衿肩明きの印などに使います。
 
 縫い終わったときにほぼ消えてしまうことから、消えやすさは否めませんので
初心者の方にはちょっと使いにくいかもしれません。
出来上がりはきれいです。

フリクションペン  すべての方におすすめ

バッグを作る時はフリクションペンです。アイロンをかけると消えるので便利。

ちょっと太字なので見やすくて大好きです。高額の着物には使いませんけど、趣味のお裁縫には便利です

夏の暑い部屋に置いておくと印が消えてしまうので注意です。体感28℃位(テキトー)

 

ものさし

装々さんは鯨尺の1尺と2尺の2本使いです。

コテを使うならプラスチックだと溶けてしまうので、竹さしが必須です。

尺さし 中級者様向け

センチと尺が一緒に書いてあるものさしもあるみたいですね。

洋裁には定規  すべての方におすすめ

バッグを作るのに使うのはクローバーの洋裁定規です。これは方眼になっているのでとっても便利です。一回使ったらやめられません。
ちなみに型紙をカッターで切る時や、ロータリーカッターを使うときは100均の分厚い定規を使っています。
 
 

ハサミ

裁ちばさみ  すべての方におすすめ 

プロの裁ちハサミは 「庄三郎」!

装々さんは庄三郎3丁持ちです!!

 

これはちょっとお高いですが、ぜひ買ってください。本当に!!
庄三郎の回し者と言われてもいいです。というかむしろ光栄です。
 
全然違いますから。
切れ味はもちろん、ちゃんとハサミの刃が布の糸をたどって
地の目を探して切ってくれる、そんなハサミです。(若干の技術必要)
ちょっと変態チックになりましたが、これ、本当におすすめです。
装々さんは26cmのを愛用しています。着物の衿肩明きとハサミの刃がほぼ同じ長さなので、切り間違えないようにハサミで確認してから裁断します。
 
↓箱入りのが24cmです。隣のが26cm。研ぎに出しながら20年使っているので今は25cmになっています。
 
 
でも型紙は100均のハサミを使っています。
あと、帯芯とか接着芯は100均のハサミ。
だって庄三郎さまの刃が悪くなってしまうからです。
定期的に研屋さんに出しています。
 

糸きりハサミ  すべての方におすすめ

糸きりハサミもちょっといいのを買うとストレスがないです。

高い糸きりハサミは刃が薄いのでストレスなく来ることが出来ます。小学校の時の裁縫セットの糸きりハサミは刃が分厚いですからね。安全ではあるのですが切りやすくはないです。

やっぱり普通の昔からあるタイプのが使いやすい、切りやすいです。

シャキン!!と音がして切れるのは気持ちがいいですね。

 

ミシン

和裁道具とは関係ないのですが、ついでなので装々さん愛用のミシンを紹介します。

職業用ミシン  中級者様向け

職業用の自動糸きりと広いテーブルのついたブラザーのミシンです。

元々舞台衣装を縫うために購入したものです。6年ぐらい使っています。

この前には家庭用のコンピューターミシンを使っていましたが、すぐにミシン内の返し縫のパーツが折れてしまい、二回修理したので、職業用に変えました。
ミシンも高いものの方が馬力があります。
帯を家庭用ミシンで縫えますか?とよく質問をいただきますが、

●2万円位のミシン→綿のバッグがギリギリ作れる。キルトもOK。簡単な手芸ならこのくらいでいいです。
●5万円位のミシン→薄い名古屋帯ならOK。普通の服を作る洋裁や裁縫を趣味にしたいならこのくらいがいいです。自動糸きりが付いたものもあります。
●10万円位のミシン→自動糸きり最高!よほど分厚い刺繍の帯以外なら縫えます。帯バッグ、デニムを縫うならこのクラスがいいです。
 
自動糸きりは作業効率が上がるので本当におすすめです。もう戻れなくなります。
後は刺繍などのオプションの値段になりますが、まあ↑大体こんな感じです。

家庭用ミシン  初心者様向け

 
装々さんがサブで使っているミシンはこちら↓
動画では使っていませんがミシン2台あるんです。
 
 
 
 メーカーによって色々なオプションが付いていますが、
お裁縫をちゃんと楽しみたい方は5万くらい。
クローゼットにしまい込む気満々の方は2万くらい。
一日中ミシンを踏んでちょっとハイなテンションになりたい方は10万ぐらい。
とお考え下さい。(個人的な思い込みです。ミシンは専門外なのでご容赦ください。
 

アイロン周り 

アイロン  すべての方におすすめ

アイロンはティファールが好きです。装々さん愛用のアイロンはこちら↓
 
本体が重たいので、簡単にしわが取れます。
水漏れしにくく、滑りがいいのでティファール一択。
コードレスは温度がすぐに下がってしまうので、和裁向きではありません。
ティファールはデザイン違いで7千円~1万円位のモデルがあります。
 
 
 
 
 

アイロン台  すべての方におすすめ

地直しをするので大きいアイロン台がいいです。ついでに仕立て台にもなりそうですね。
和裁をするスペース確保に最適です。
もちろん洋服のアイロンかけも 広い台なのであっという間に終わります(個人差あり)
↑こちらの台は自宅で集まってお裁縫サロンをするときに使っています。
 
ちなみに装々さん愛用の本物のアイロン台はこんな感じの型違いです↓参考までに。
 
この大きなアイロン台の上には 
 地直し用の長い大きい文鎮も二本あります。
 
 

当て布 着物裏地or新モス

 すべての方におすすめ

当て布は着物の胴裏を使っています。装々さん愛用の裏地はこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

≪GUNMA JAPAN≫ 正絹疋胴裏 (着物3枚分)  【送料無料】
価格:20350円(税込、送料無料) (2021/5/9時点)

楽天で購入

 

1疋というのは 着物三枚分の裏地の長さの反物の事を言います。

いっぱい作れてお手頃価格なのでおすすめです。

 

 裏地以外に当て布に使うのは 新モスです

布に含まれる水分量が多いので 浴衣やコテ極まりの悪い生地の時に使います。

 

エチケットブラシ すべての方におすすめ

糸くずの量が半端じゃないのでエチケットブラシは欠かせません。

 
どれだけ優秀なエチケットブラシか動画で紹介しています↓

 
ということで、和紙道具紹介してみました。
あ、一番大切なものを忘れました。もう体の一部分↓

指ぬき すべての方におすすめ

装々さんがいつも使っているのは革の指ぬきでいっぱい入っている業務用のものです。

 

装々さん愛用 プロ用指ぬきはコチラ↑

 

一般用ではないので手芸屋さんで他に入りやすそうで、いくつか使いやすそうなのを紹介します。

指ぬきは中指の第一関節と第二関節の間に付けて針のお尻を支えて縫います。

ずっと指に付けているので革製のが好きです。

太い針を引き抜くときに、指の汗で滑って抜けないときにはラバーキャップがおすすめ。
人差し指に付けます。
 
針とハサミだけはいいものをそろえてくださいね。お裁縫がとっても楽しくなります。
 
参考になったらうれしいです。
まだ他に気になる道具があればリクエストください。
 
 
 
最後に
全然関係ないですが、裁縫して疲れた目にこちらのマッサージ機を使っています。↓

あたたかモードがお気に入り 

ミランダカーもカッサをお勧めしてました。

 

オーダーお問い合わせフォーム開設のお知らせ

 本当にありがたいことに装々に仕立てをお願いしたいと問い合わせをいただくようになりました。

大変勇気のある方が、電話をかけて下さったり、メールをくださるのですが

よりコンタクトを取りやすくするためにブログ内に問い合わせフォームを

開設しました。

 

トップページの

こちらのご注文のページをクリックしていただきますと

メールを送れますので、ご注文の問い合わせなどにご利用ください。

呉服屋さんを通すよりは仕立て代の節約になるかと思います。

もちろん呉服屋さんで着物の知識の勉強をしながら買うのもとっても大切ですけどね。

 

 いい呉服屋さんに出会えていない方、ネットで買った着物、サイズの合わなくなった着物の直しなど

お気軽に問い合わせください。

着物仕立て装々 BASE店のお知らせ

装々さん製作、プロデュースの作品を
BASE店に出品しています。ぜひ見に来てください。

↑クリックするとショップへとびます↑

着物仕立て装々Youtubeチャンネルはこちらから↓

↑クリックするとYoutubeへとびます↑

最後までお読みいただきありがとうございました。

着物仕立て装々でした。バイバーイ。

 

【古い帯の利用法】帯のリメイク 袋帯でバッグを作る 作り方を解説します
単衣羽織の作り方解説 寸法の決め方と印付け
【自分で帯を洗う?!】リメイク作品を作る前に帯を洗います 画像あり
【古い帯の利用法】袋帯のリメイクバッグ 金の小花柄の帯でバッグを作るとこうなった
【保存版】プロの裁縫道具紹介 国家検定一級和裁士おすすめの和裁道具 
【古い帯の利用法】着物の帯を使ったリメイクバッグ ポシェットにもなるクラッチバッグ
【一日で簡単リメイク】留袖からモモンガコート 
超簡単!着物のリメイク カーディガンやジャケット代わりのモモンガコート
【着物リメイク】簡単ワンピースの作り方 洗える着物をリメイクして簡単サマードレス 型紙なしのロックミシンいらず!
【浴衣の作り方】ゆかたの印付け サイズを解説します 初めてのゆかた作り応援

 

 

フォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました