男物の羽裏をリメイクして名古屋帯を作りました。和裁士の仕事 今日の装々さんブログ

スポンサーリンク
和裁士の仕事

今日の装々さん お客様から羽織が届いたのですが…

 

 着物仕立て装々です。

いつも仕立ての注文をしてくださるお客様から、男物の羽織が届きまして

「これを帯にしてください~」とのご注文でした。

が、なんと羽裏(裏地の部分)の絵が背中の部分しかありません。上の写真のお馬さんのところ以外は真っ黒な生地だったのですよ。要するに帯になるほど布量がないんです。

オーマイガー!

ってことで国家検定一級和裁士の装々さんが散々悩んだ結果、表布と裏布でパッチワーク的な感じで仕上げることにしました。

お客様にメールで確認して無事OKを頂きました。

 

 

 

スポンサーリンク

さっそくリメイク作業開始

 まずは羽織を解きます。

ちょっと古い羽織でしたので、汚れが目立ちます。衿の中からは何やら細かいものが

パラパラと出てきます。

大島紬だったのでおしゃれ着洗いで洗いました。エマ〇ルとかアク〇ン少量で大丈夫です。

しっかりとすすぎをして 軽く脱水。

日陰で半日ほどで乾きます。

 

 アイロンでしわを伸ばします。

アイロンはティファールがお気に入りです。このようなしわ伸ばしには

滑りの良いアイロンでないと 余計に変なしわが付いてしまいます。

【保存版】プロの裁縫道具紹介 国家検定一級和裁士おすすめの和裁道具 
装々さんおすすめのアイテムを紹介します  着物仕立て装々です。 さわやかな季節がやってきました。そろそろサツマイモを植え付けしようと思います。皆さまいかがお過ごしでしょうか? Youtubeライブをするたびに「和裁道具を紹介して...

続いて裁断をします。

最近買ったロータリーカッターで裁断してみました。

いやはや快適です。詳しくはこちらの記事をご覧ください↓

 一番いい柄の馬の部分を 帯のお太鼓に使うので切り出します。

お太鼓というのは背中の部分、ランドセルでいうとフタ部分になります(例えがw)

羽裏は一枚絵なので背縫いがありません。布幅が広いので帯の幅でいい柄を取って

残った両脇で

帯の前のところと お太鼓下のたれの布を取りました。

丈の足りない分は表布から取りまして、ミシンで継ぎ接ぎしていきます。

前柄の横の部分は表地で出来上がるようにします。

あとは三河木綿の帯芯を入れて

完成で~す。

 

 

 

詳しい作り方は リクエストがあればYoutubeで紹介したいと思います。

 ということで、男物の羽裏から名古屋帯が出来ました。

なんとも粋な柄ですね!!

ぜひコメント欄から感想をお聞かせくださいね。

着物仕立て装々でした。

スポンサーリンク

人気の記事はこちらから↓

【古い帯の利用法】帯のリメイク 袋帯でバッグを作る 作り方を解説します
単衣羽織の作り方解説 寸法の決め方と印付け
【自分で帯を洗う?!】リメイク作品を作る前に帯を洗います 画像あり
【古い帯の利用法】袋帯のリメイクバッグ 金の小花柄の帯でバッグを作るとこうなった
【保存版】プロの裁縫道具紹介 国家検定一級和裁士おすすめの和裁道具 

フォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました